研究概要
部門紹介
卒業研究と指導教員
部門紹介
部門紹介

 ホーム>研究>部門紹介>建設材料

コンクリートの限界を、探る、拡げる

コンクリート部材の高性能化に関する研究:
従来の鉄筋コンクリート構造を飛躍的に高性能化するための研究である。高性能化技術は、材料を高強度化、高耐久性化、高靭性化することによって得られた部材を組み合わせて造ったコンクリート構造物を、使用目的に合わせて長寿命化や高耐震性化する技術である。材料には高強度あるいは超高強度コンクリートを使用し、これらに鋼繊維やアラミドなど各種繊維を混入した繊維補強コンクリートを利用する。さらに高強度鉄筋やPC鋼棒を用いてコンクリートにプレストレスを導入して補強し高耐震性構造物を造ることができる。現在は、将来、東海地方で発生するといわれている巨大地震に備えて、鋼繊維補強高強度コンクリートと低プレストレスを導入した鉄筋コンクリート橋脚の開発研究を行っている。

鉄筋コンクリート構造物の動的耐震性能評価と高耐震化に関する研究:
水平・鉛直二軸同時加震振動台や静的二軸載荷装置などにより、通常の鉄筋コンクリートだけでなく、劣化した場合や、補修や補強した場合の耐荷性能や耐震性能の評価を行う。また、新たに開発した構造部材(新素材、リサイクル材を用いた部材も含めて)の静的および動的試験を行う。