ホーム>オープン・デパートメント2008「ぼくら都市探検隊」レポート

 
平成21年3月21日(土)、高校生を対象として『オープン・デパートメント2008「ぼくら都市探検隊」』(おもに、名古屋市内での都市施設見学ならびに本学春日井キャンパスでの学科紹介などの催し)が実施されました。
 
1.実施日時
  平成21年3月21日(土)午前8時50分〜午後4時00分
 
2.参加者
  生徒15名(うち2名が女性)、高校側引率教員1名の計16名。
  また、外部講師、名古屋市役所参事野口好夫氏、本学科職員、平澤教授、松尾教授、塩見教授、
  水野教授、磯部教授、杉井教授、武田准教授、伊藤准教授および吉田講師の9名。
 
3.スケジュール

8:40

参加者の出席確認

8:45

本学科担当者の紹介、本日の催しの概要を説明

8:50

名古屋駅構内のバリア・フリーに関する説明 名古屋駅構内のバリア・フリーに
関する説明

(自動改札機、自動券売機、点字
ブロック、昇降装置など)

9:10

バス乗車・名古屋市市役所参事:野口氏の紹介
若宮大通雨水貯留施設の説明(建設経緯、施設概要ほか)

9:20

若宮大通雨水貯留施設到着
調整地内部(地下)を視察
(トイレ休憩)
若宮大通雨水貯留施設到着

9:40

若宮大通出発 若宮大通出発
名古屋高速道路の説明
(建設経緯、施設概要ほか)

名港大橋(トリトン)の説明
(建設経緯、橋梁の構造形式ほか)

10:10

金城埠頭到着
名港トリトンおよび金城埠頭に関する説明(建設方法、埠頭機能ほか)

10:30

金城埠頭出発
海岸防災に関する説明
見学した内容に関するクイズ

11:35

本学春日井キャンパス着

11:40

全体挨拶(7号館3階 ファカルティールーム)
資料配布および昼食券の配布

11:45

第1学生ホールで昼食
休憩
第1学生ホールで昼食

13:00

各教員および教員の専門分野の紹介 [各教員および教員の専門分野の紹介]
(7号館3階 ファカルティールーム)

建設構造:水野・伊藤
建設材料:平澤
都市水工:松尾・武田・吉田
地盤防災:杉井
都市環境:塩見・磯部

13:10

学科のアドミッション・ポリシーと
教育システムについて説明

13:30

[建設構造部門の研究紹介]
(18号館材料構造実験施設)

缶とコンクリートとの不思議な関係
−コンクリート充填空き缶の一軸圧縮試験−
建設構造部門の研究紹介

14:00

建設材料部門の研究紹介

[建設材料部門の研究紹介]

鉄筋とコンクリートとの密接な関係
−構造物と地震災害に関する説明と
ミニチュアRCはり部材の曲げ試験−
9号館地下の免震装置の見学

<教室移動・トイレ休憩>

14:40

[地盤防災部門の研究紹介]
(10号館1031講義室)

地震による地盤災害
−簡易振動台によるメカニズムの説明と
ペットボトルを使った液状化体験−
地盤防災部門の研究紹介

15:10

地震による津波災害に関する説明 [地震による津波災害に関する説明]

−スライドによる津波災害の現状と
メカニズム、対策に関する説明−

15:40

終了、教室移動

15:45

閉会の挨拶ほか

詳しい開催報告書はこちら pdfレポート