中部大学 工学部 都市建設工学科 l シラバス/卒業研究

科目名(英訳)

4C 卒業研究 (Graduation Thesis in Civil Engineering)

担当者

松尾,平澤,山田,塩見,水野,岩田,磯部,杉井,武田,吉田

単位数

4単位

開講期・学年

通年

課程・講座

 

時間割

 


授業の主旨

本科目は,創成科目群の中での総まとめ的な科目(発展的創成科目)として特徴付けられる.ここでは,これまでの3年間にて養われた,「基礎学力」,「専門基礎学力」および「基礎応用力」を駆使し,学生が所属する「部門」での研究テーマ,または部門を跨る共同研究テーマを遂行することにより,新しい実用的なアイデア,成果,ならびにモノを自ら創成し,問題解決能力,思考能力および創成能力を身に付けさせることを目指す.ここでは,1年という期間に亘って,自らが設定した研究テーマ(あるいはグループにより設定した研究テーマ)に対して,一人(あるいは共同)で研究を遂行することになる.その過程において,学生自らが研究上の問題点を見出し,その問題点を解決することにより,分析力,思考力,判断力,応用力,さらには創造力を養うと同時に,1年間に亘る規則正しい研究室での生活を通して,自己行動に対する管理,教員・学友とのコミュニケーション,ならびに文献・データ等の整理といった,社会に出て基本的に必要な能力も身に付ける.

<具体的な達成目標>

  1. 1年間という長い期間をかけて,一つの事を最後までやり遂げるために惜しみない努力をすることができる.

  2. 一つの事を最後までやり遂げた時の達成感を味わい,また,その達成感を次に自分が解決しなければならない問題を解決する際の糧とすることができる.

  3. 卒論概要および卒業論文作成,発表用スライド作成を通じて,人が見て分かり易い文書ならびにスライドの作成ができる.

  4. 中間ならびに全体発表会を通じて,人に分かりやすく物事を伝達することができる.

  5. 他者にも当該研究の概要ならびに詳細が理解し易いマニュアルなどを作成することができる.

学習・教育目標との位置づけ

アドバンスドコースの学習・教育目標3「専門知識ならびにデザイン能力」およびノーマルコースの学習・教育目標3「専門知識ならびに応用能力」を達成する科目として位置付けられる.
例えば,アドバンスドコースでは,多様な分野に亘る土木工学の専門知識を幅広く修得するとともに,これら専門知識を社会のニーズに基づいた問題の解決に応用することができる

アドバンスドコースの学習・教育目標5「国際性を視野に入れたコミュニケーション能力ならびに実務的能力」およびノーマルコースの学習・教育目標5「コミュニケーション能力ならびに実務的能力」を達成する科目として位置付けられる.
例えば,アドバンスドコースでは,他者とコミュニケーションできる国際性を視野に入れた能力を養うとともに,専門知識および情報技術などを駆使することにより実務的な課題に対処できる能力を身に付けることができる.

<役割>

  1. 「社会のニーズに基づいて問題設定を行い,最大限の努力をもって問題解決にあたる」デザイン能力を身に付けることができる.

  2. グループまたは個人で専門知識を駆使することにより積極的に課題に取り組み,その成果を情報技術などを用いて正確かつ分かり易い文書に取りまとめ,他者に報告することができるような実務的能力を身に付けることができる.

<履修順序>

  • 建設工学入門 → 総合学習プロジェクト → 社会ゼミナール→ 部門創成A → 部門創成B → 卒業研究

授業計画

以下は,研究課題の一例である.

□建設構造部門(水野)

  • 繰り返し力を受ける鉄筋コンクリート部材のポストピーク挙動に関する実験的研究(水野)

  • 繰り返し力を受ける鉄筋コンクリート部材のポストピーク挙動に関する解析的研究(水野)

  • 粒子モデルによる鉄筋コンクリート部材の変形挙動に関する有限要素解析(水野)

  • 被災した鉄筋コンクリート部材の補修・補強後の性能評価に関する研究(水野)

□建設材料部門(平澤)

  • コンクリート構造物の動的耐震設計に関する研究(平澤)

  • コンクリート構造物の高性能化(長寿命化)に関する研究(平澤)

  • コンクリート構造物の合理的な維持管理手法に関する研究(平澤)

  • 産業副産物の有効利用に関する研究(平澤)

□都市水工部門(松尾・岩田・武田・吉田)

  • 河口域における流れと水質特性に関する研究(松尾)

  • 都市河川の水環境改善に関する研究(松尾)

  • 海岸保全施設へのLCM導入に関する研究(岩田・吉田)

  • 海岸構造物に作用する波力に関する研究(吉田)

  • 都市域における氾濫解析法の構築と治水対策のあり方に関する研究(武田)

  • 都市河川の水環境問題に関する研究(武田)

□地盤防災部門(山田・杉井)

  • 広域を対象とした液状化判定手法の開発(山田)

  • 地震時におけるライフラインの被害予測(山田)

  • 土の不飽和浸透特性に関する研究(杉井)

  • 地下水管理手法に関する研究(杉井)

□都市環境部門(塩見・磯部)

  • 環境問題と土木構造物(施設)に関する研究(塩見)

  • 都市景観に関する研究(塩見)

  • ユニバーサルデザインによる都市施設計画に関する研究(磯部)

  • 地域型公共交通システムの計画と評価(磯部)

授業方法

自主的な研究活動および少人数制の下での指導教員との研究ミーティング

評価方法

具体的な達成目標に挙げた知識と能力が身に付いたかどうかを

  1. 中間ならびに全体発表会での発表力および質疑応答の態度

  2. 卒業論文の完成度

  3. 外部への発信状況

  4. 卒業研究への積極性

  5. 卒業研究活動記録簿(活動時間)

といった評価項目を用いて,総合的な評価を行う.

評価基準

ノーマルコース:
卒業研究の実施計画ならびに中間発表(30%),卒業論文の完成度(50 %),卒業研究活動記録簿(活動時間)ならびにそれに関する資料(20 %)により総合的な評価を行い,全評価点の60 %以上を合格とする.

アドバンスドコース:
卒業研究の実施計画ならびに中間発表(30%),卒業論文・概要の完成度および最終発表(30%),
学生が身につけたデザイン能力(20%),卒業研究活動記録簿(活動時間)ならびにそれに関する資料(20 %)により総合的な評価を行い,全評価点の60 %以上を合格とする.

教科書

特になし

備考

1.前提知識

  • 建設構造,建設材料,都市水工,地盤防災,都市環境の各部門,ならびに建設基礎,建設一般に属する専門科目

2.履修上の注意

  • 通年履修であるので,途中でリタイアした場合には,単位を認めない.

  • 卒業研究の活動時間が,学科が規定する活動時間(400時間)を満たさない場合,単位を認めない場合がある.

  • 卒業研究の遂行に当たっては,指導教授ならびに副査の教員から指導を受けること.